函館歴史年表

昭和の函館その三

函館の写真1
函館の写真2
函館地図
No 西暦 和暦 主な出来事
105 1972 S47 ■1/・ 函館市、老人医療費助成実施 ■2/17 柳町に函館林務署新庁舎完成 ■4/10 函館海産取引所解散総会 ■4/22 函館市働く婦人の家(婦人センター)と市立東川児童館の開館式 ■5/16 大森海岸鯨3頭生捕
106 1973 S48 ■4/・ NHK連続TV小説「北の家族」函館舞台放送開始(S49/3月まで) ■4/・ 上湯川・15番目児童館 ■7/・ 日魯造船で戦後道内初の中国向け浚渫(シュンセツ)船第1号進水 ■8/1 大門グリーンプラザ開園 ■12/1 亀田市と大型合併
107 1974 S49 ■1/・ 谷地頭市営温泉に第2老人福祉センター開設 ■3/・ 函館市史史料編第1巻出刊(以後55年まで毎年1巻出刊の予定) ■3/30 公会堂が国指定重要文化財 ■4/・ 中央警察署五稜郭町へ移転 ■6/・ 五稜郭公園に兵糧庫(土蔵)復元 ■10/・ 西桔梗に函館中央卸売市場が完成 ■10/・ 道新幹線の新函館駅は大野駅を利用との案を国鉄が発表 ■12/21 五稜郭堀の水循衆20年振りに取水管の取付完成、清涼な流れ
108 1975 S50 ■2/21 市民体育館オープン -3/30市の花:躑躅(ツツジ)・木:一位(イチイ)/水松・鳥:山がらに決定+魚(Hlいか) ■6/3 江差町・開陽丸発掘調査開始(続々2万3千点取出し)
109 1976 S51 ■5/6 青函トンネル吉岡異常出水事故 ■夜間急病センター開設 ■旭岡団地造成開始 ■9/6 ソ連機ミグ25型・ペレンコ中尉着、米亡命
110 1977 S52 ■69歳老人医療費無料化 ■久慈次郎銅像碑建立(碑文・水原茂筆-M31生誕Tll早稲田卒後来函) ■8/7 有珠山爆発 ■ヨハネ・パウロ2世即位(H17死去-ベネディクト16世即位)
111 1978 S53 ■函館公園百年記念式典 ■函館空港2500m滑走路エアバス就航 ■亀田支所新庁舎完成 ■旭岡浄水場完成 ■函館ドック合理化案提※有珠山2次災害泥流死者3名 ■札幌駅高架国最大19ヵ所踏切
112 1979 S54 ■障害者福祉部市国指定
113 1980 S55 ■グリーンピア開園(大規模年金保養基地) ■夜間救病センター白鳥町独立新築移転 ■老人医療費68歳無料 ■緑の島建設開始 ■9/25 知床横断道路開通 ■10/24 冷害・全国史上最悪
114 1981 S56 ■第3老人センタ一開館 ■身体障害者会館開館 ■五稜郭二の橋復元7千万円 ■湾岸橋運輸大臣承認 ■7/21 千代の富士横綱(本道出身6名)昇進 ■12/・ 南茅部町・5500年前遺跡発掘(全国初6角竪穴住居)
115 1982 S57 ■元町観光案内所・旧北海道庁函館支庁庁舎利用 ■函館駅前地域開発事業第1ビル完成 ■北洋資料館開館 ■市役所新庁舎完成 ■カナダ・ハリファックス市国際姉妹都市提携
116 1983 S58 ■旧函館公会堂重文一般公開 ■国重文指定函館ハリストス正教会復活聖堂 ■創立北海道函館稜北校
117 1984 S59 ■地階テクノポリス(工業振興促進条例) ■核兵器廃絶平和都市宣言 ■6/6 函館ドック来島グループに ■5/1 札幌古谷製菓終業
118 1985 S60 ■3/10 世界歳最長(53.85km)青函トンネル本坑貫通 ■4/1 尻岸内→恵山町改称 ■新水産物地方卸売市場完成 ■中野・笹流2ダム修理完成 ■8/7宇宙飛行士3名決定・毛利衛氏
119 1986 S61 ■6/14 昭和の北前船「辰悦丸」淡路島から江差に到着~その後函館へ ■高田屋嘉兵衛資料館開館 ■第1回冬のイベント開催 ■道立美術館開館 ■道立工業技術センター完成 ■ダム公園完成
120 1987 S62 ■4/1 国鉄函館駅→JR函館駅 ■函館ソフトウェア専門学院開校 ■函館インフォメーション・ネットワーク(株)設立 ■マリノベーション構想調査対象地城に津軽海峡地域(1市7町1村)指定■6/9 層雲峡崩落犠牲3名 ■7/31 釧路湿原国立公園指定 ■10/7 第1回ツール・ド 北海道開幕
121 1988 S63 ■1/13 松前線廃止 ■3/13 青函トンネル・津軽海峡線開業 ■青函連絡船80年終 ■函館西部地区歴史的景 ■観条例施行 ■函館山展望台完成・125名大型ゴンドラロープウェイ開業 ■7/9 青函トンネル博(~青森2会場9/18) ■臨空工業団地第1期造成工事完成 ■6/3 食の祭典 ■7/20 新千歳関空港 ■12/19 十勝岳噴火
122 1989 S64
→H1
■1/7 昭和天皇崩御 ■住民記録電算化 ■青森ツインシティ(双子都市)提携 ■国際観光都市宣言 ■はまなす国体(夏水泳・秋自転車) ■北海道東北開発公庫事務所開設 ■函館市北方資料・石川啄木資料館開館 ■12/16平成元年度上半期観光客空前ブーム8,000人突破